本文へスキップ

産業カウンセラーになるための情報と養成講座

カウンセリングの基本/産業カウンセラー

産業カウンセラー

カウンセリングの基本HEADLINE

カウンセリングの基本

カウンセリングにはいろいろな方法がありますが、「傾聴」がすべてのカウンセリングの基本と言えます。

キャリア・カウンセリング、コーチングなどの隣接した分野においても、基本は「傾聴」にあります。

「傾聴」の一番の特徴は、「受容」と「共感」です。

「聴き手」は、「話し手」の言うことを評価したり批判したりせず受けいれ、「話し手」の気持ちをあたかも自分の気持ちのように感じて話を聴いていきます。

このように話を聴くと、「話し手」は安心して何でも語れるようになり、最後には問題解決へつながっていくのです。


社会生活に不可欠なコミュニケーションを行うとき、「話す側」と「聞く側」という関係が成立します。

私たちが通常気になり関心をもつのは、「話す側」のようです。たとえば、管理監督職はかつて部下に対して「アドバイスする人」「答えを与える人」「指示をする人」でした。

この関係は「親と子」や「教師と生徒」も同じでした。

しかしこの関係では、部下も子どもや生徒も、成長、自立(自律)していかないということが理解されてきました。

そこで注目されているのが、人を育て、人が成長し自立(自律)していくきき方、すなわちカウンセリングを行うときの技法なのです。
 
カウンセリングにはいろいろな方法があります。

カウンセラーの対応もその人その人のやり方があります。教科書どおりにはいかないし、技法をマニュアル化することが難しい分野です。

しかし、「傾聴」はすべてのカウンセリングの基本であり、体験を通じて身につけることができます。


メンタルケアカウンセラー講座

カウンセラー講座
ヒューマンアカデミー通信講座

メンタルケアカウンセラー講座
みんな笑顔になるための「心のケア」を学んでみませんか?
メンタルケアカウンセラー®資格が講座修了と同時に取得できる!

産業カウンセラー関連書籍